ロードバイク

東京から軽井沢までロードバイクで!ラスボスは碓氷峠

 

由が丘の井上です!

 

今回は自由が丘から軽井沢まで自転車(ロードバイク)で行った話!

 

とはいっても去年のことなので,忘れてしまってることも多いと思いんですが,井上のチャリ旅の中でも、かなり印象的だったので書いていきます!

 

旅情報と攻略

 

難易度★★★(キツいけど初心者でも攻略可能!)

出発は自由が丘で軽井沢駅がゴールでルートはこんな感じ↓


道のり約156km 獲得標高約1600m

走行時間 9時間〜13時間

 

予算

井上の場合、仕事が2連休だったので軽井沢宿泊で13000円くらい(1日目 東京→軽井沢 2日目 軽井沢→東京)

東京→軽井沢まで自転車で行った後、輪行で帰る場合は5000円と新幹線代があればいけます!

 

ちなみに泊まった宿はこちら↓

チサン イン 軽井沢

 

27:00までチェックイン可能なので到着が遅くなってしまう場合でも大丈夫です!

 

宿泊費は5000円前後で清潔で快適な空間になってました!

 

 

ルートの難易度自体はそんなにキツくはないです!

 

基本的に、平地と平地に近いような登りがある感じでスムーズに進めます。

後半は登りが増えてきて最後にラスボスの碓氷峠が立ちはだかります!(後半の登りラッシュで900mくらい登ることになります)

 

このルートは碓氷峠以外キツイところがないので,碓氷峠が攻略できる脚力があればゴールできます。

 

それと碓氷峠は街灯も少ない山道で,車の交通量も少ないです!夜になると真っ暗で,幽霊や動物がでるので暗くなる前に峠を越えるのが望ましいです。

 

碓氷峠

ではそんな碓氷峠のデータを見てみましょう

 

ランク B

14.9km

最大標高差

565m

平均斜度

全体:3.6%

上り:5.3%
下り:3.4%

獲得標高

上り:584m
下り:44m

想定所要時間

自転車:59分

準備物

 

実際に持っていった物を紹介していきます!

 

ロングライド7つ道具

 

こちらを参照ください!ロングライド時は絶対に持っていく7つです!

 

>>ロングライド7つ道具はこちら

 

サイドバッグ

 

 

サイドバッグの取り付けには荷台が必要です。荷台の取り付けはロードバイクのフレームによって違ってくるのでご注意してください!

金具はフレームによっては必要になります。

 

自分の場合は取り付けは、リアのホイールと一緒にクイックリリースで留めました。

 

リュックだと邪魔になるので、サイドバッグをセレクトしました!

サイドバッグは2つセットですが、荷物はそこまで多くないので片方だけ付けていきました。

 

実際に走りの時邪魔になりませんし、リュックと違い背中が蒸れたりしないのでいいセレクトでした。

 

 

旅の流れ

2017/11/28

 

6時に起床し準備をして 6時半に出発

 

というのが理想の流れでしたが寝坊して7時に起床。

そう、それは前日 仕事が終わった後に2時まで飲んでいたから。だから寝坊したに違いない。

 

そんなんこんなで準備をして

 

7:10 出発!

chapter1 平坦で退屈な道のり

 

天気は、まあまあそんなに寒くもなく、走りやすい気温でした。

 

序盤はひたすら平地を漕いでいきます。

 

環七→高円寺→環八→R17

 

と進んでいきますが、写真を撮るようなスポットは無し!!!

 

ずっと平地、大通りを進んでいきます。

 

そのあとも軽い登りはありつつも、平地ベースで楽な道のりが続きます。

 

そうなんです。このルートは群馬に入るあたりまでは、結構退屈な道のりなんです。

 

 

100kmくらいで群馬の高崎までたどり着きます。

 

すでに7時間ほど漕いでいるので,程よい疲労感でよく眠れそうですが,ここからが本番の登りラッシュが始まります。

 

そう前半の100kmはウォーミングアップみたいなものです!

 

chapter2 気持ちよく登れる坂道

 

ここからが本番!碓氷峠をラスボスとする登りラッシュが始まります。

 

最初はゆるーい斜面ですが徐々にきつくなってきます

 

正直そんなにきつくないです。というか気持ちいいくらいの斜面です。

 

そんな道を2時間ほど漕ぎ続けると、ついに碓氷峠と対峙することになります。

 

chapter3 山道は明るいうちに

 

前述したように碓氷峠は明るいうちに挑みたいところです。

 

自分は、碓氷峠に着くころには、真っ暗でとても怖い思いをしました(笑)

 

①真っ暗な山道に花束

街灯はほとんどなく、車もほとんど通らない。

超孤独な状態です(笑)

 

そんな真っ暗な山道を登っていくと、道の端に花束があるではありませんか…

普段は幽霊なんかへっちゃらなんですが、真っ暗な山道だと弱気になってしまい超恐怖でした。(笑)

 

②動物の鳴き声と揺れる茂み

 

一番怖かったのは、やはり動物ですね(^^;

 

襲われたら敵うはずもないですし、捕食対象として見られたら命もありません…

 

 

対策としてはiPhoneで音楽をガンガンにかけて、動物を追い払う作戦で何とかなりました!

 

とそんな感じで碓氷峠は明るいうちに登りたいですね。

 

 

chapter4 11月の軽井沢は寒すぎた

 

程よくきつめの登りを1時間ほど登り続けると見えてきます。

 

 

心の中では「うおおおおおおおやっと着いたーーーーー!!!」って感じ

 

暗く、怖い峠を登りきって安心感が半端ないです。

 

 

登りきった後、ちょっと下ったら軽井沢駅に到着です!

 

このゴールした時のこの達成感はとてつもないです。この感覚がロングライドを病みつきにさせるんですよね^^

 

しかし11月の軽井沢は寒いですね!気温はたしか2℃くらいだったと思います(^^;

 

 

晩御飯は焼肉屋さんでビビンバを食べて

 

そのあとはホテルに行ってシャワーを浴びて寝ましたとさ

 

 

ABOUT ME
井上さん
自由が丘美容師の井上です。ブログは2017年の10月からAmeba owndで、はじめて2018年からはてなブログへ、はてなブログで100記事ほど書き,サイトのカスタマイズをしたいからということでword pressへ 休日はロードバイクに乗ってます。