ロードバイク

東京から山中湖まで自転車で行ってみた!明神、三国峠は魔境だった。

前回>>醍醐林道、入山峠、時坂峠の峠三本ヒルクライム!東京にも峠は多い

2019年1月某日

2月に伊豆半島を一周する計画をしていたので、その練習をするべくロングライドに行こうと思い峠を探す。

ロングライドに峠は付きもの。峠のないロングライドにドラマはなく脳みそに思い出として、深く刻まれない。なのでロングライドをするときは峠から探すことが多い。

 

ある記事で「2020年の東京オリンピックのコース」が紹介されていた。

そのコースではラスボスとして「明神、三国峠」が紹介されていた。

 

いのーえ
いのーえ
明神、三国峠??聞かない名だな。どうせ大したことないのだろう。

 

峠についてググって出てきた内容は「魔境中の魔境

 

 

ロングライド情報

 

難易度★★★★★

距離

177.8km

最大標高差

1158m

平均斜度

全体:0%

上り:4.8%
下り:4.1%

獲得標高

上り:2494m
下り:2425m
自宅から出発なので大体200kmほど
難易度としてはかなり高かった。出発から帰宅までは大体14時間ほどかかった。

reliveアプリの動画ではこんな感じ。

ロングライド準備物

 

ロングライドの持ち物はいつも通りでロングライド時の持ち物をまとめてみた!こちらのやつです。

 

ロングライド記

 

前日は仕事で疲れていたのか。少し寝坊して5時前に出発

 

今回はともに仙台までロードバイクで行ったサトとともにいきます。

 

明神三国峠までは246号をひたすら進めばたどり着くので、いつもおなじみの多摩サイから246へ

いのーえ
いのーえ
やはり冬の早朝は非常に寒いなぁ

 

さと
さと
寒いっすね…

 

冬はシューズカバーは必要不可欠。最強に暖かいです。氷点下5度くらいまでならいけると思う。

 

 

丸子橋~秦野

 

早朝の丸子橋

 

246へ突入。246は軽くヒルクライムさせられる。普通の国道なのになぜだかアップダウンが激しくて、脚を徐々に消耗させてくる性格の悪い道だ。

 

そして246は非常に走りづらい…

というのも路面状況は悪くないが、早朝でも交通量が非常に多いのだ。しかも乗用車をトラックの割合が1対1くらいとトラックが非常に多い。

トラックの運ちゃんの心の声が聞こえてきます。
運ちゃん
運ちゃん
邪魔だなー。どけよ
いのーえ
いのーえ
(わりいね!)
どっかの交差点
6:15
空がだんだん明るくなってきました。この夜と朝の中間の世界がすごい好きです。
かなり早起きする人にしか体験できない非日常感を感じるこの空気はなんともいえない。
7時頃に朝食とします。マックはカロリー摂取にはとてもいいと思います。
すでに1000キロカロリー以上消費しているので、ハンガーノック対策にもカロリー摂取は大事
ハンガーノックとは

長時間の運動時に起こりえる。極度の低血糖状態のこと。

パフォーマンスの低下はもちろん、思考力も低下してしまう。

排気ガスだらけの中をさらに進んでいきます。
ホントに排気ガス臭い…交通量が多いところを走るのは嫌だなぁ
排気ガスが肺から吸収されて、血液に溶け込む想像をしてしまう…
いのーえ
いのーえ
早く山につきたい…
その後プチ峠道を登り切るとついに富士山を拝むことができました。
周囲も山っぽい香りがしてきて上がるモチベーション

秦野~小山町

有名なヤビツ峠がある秦野市
246号の途中。神奈川の静岡よりに川沿いの道があるんですがここは自転車は注意が必要!!
◦道幅が狭くトラックの交通量が多い。
◦白線の上が凸凹のすべり止めっぽいやつになってるので白線の上は走れない。
◦白線の左側を走ろうとするも15m間隔くらいで排水用のかなり大きな溝がある。
かなり自転車殺しの道になっていました。
距離も2,3㎞くらいそんな感じになってる。
攻略法としては、基本白線の左側を走って、溝のところだけ白線に回避。
白線の上はガタガタするけどこの方法が一番いいかと…
そのローディーキルロードを乗り越えてしばらく進めば、静岡の小山町にたどり着きます。
ググってみると、小山町は金太郎生誕の地らしい
この小山町に今回の目的の明神、三国峠が存在してます。
246号をしばらく進んで、147号があるので乗り換えると
ついに山中湖の文字が!
さと
さと
なんか凍結してるみたいですよ
いのーえ
いのーえ
まあ行けるら(甲州弁)
当たり前だが基本的に路面凍結してる道は走らない方がいい
147号に乗り換えるとややきついヒルクライムをさせられて登り切ると富士山が一望できる場所にたどり着きます。
晴れてて良い感じですなぁ
しばらく進み右折すると…

vs明神、三国峠~山中湖

 

強さ SS

距離

6.7km

最大標高差

697m

平均斜度

10.8%

獲得標高

687m
2020のオリンピックコースにも組み込まれている魔境中の魔境
明神峠と三国峠が組み合わさった峠。
前半4kmくらいは明神峠で,残り2kmちょっとが三国峠。
ぶっちゃけ後半の三国峠は大したことなく,前半の明神峠が地獄のようにきつい。
明神峠は平均勾配13%ほど(体感では15%)で脚を休める平坦区間は…..ない
ここが地獄の入り口。
ルールとしては、
◦足つきは敗北
◦インナーローは封印(どうしてもきつかった場合は解除可でもその場合は引き分け)
て感じで挑む。
序盤は木々に囲まれた道で勾配は12~13%ほど、この時点でかなりキツイ…
フロントはミドルでリアは1枚だけ軽いギアを残して登り続ける。
巡航速度は5キロとめっちゃ遅め
勾配がきつい所だとシッティングだけでは脚が死んでしまうので、たまに休むダンシングで
進んでいくと徐々に勾配がきつくなっていき、標識には15%と表示されている。
いのーえ
いのーえ
しんど…
途中、電波塔?みたいなのがあるエリアがあって、そこが多分勾配10%前後くらいで、その勾配ですら脚休めに感じた。
ここは景色が綺麗だったので写真が撮りたいところだったけど、足つき禁止縛りがあるので撮れず…
道中ところどころに「山梨まで残り◯km」て書いてあってそれを見るたびに
いのーえ
いのーえ
まだこんなに続くのか…そういえばサト置いてきたけど足つきしてないかな?
脳内のさと
脳内のさと
僕の分まで頑張ってください…
明神峠は登るにつれ勾配が12%から徐々に上がっていき,中間ちょいすぎで最大18%(部分的に最大23%)までいき,その勾配の部分だけ滑り止めのドーナツ坂になっています。
このエリアが明神、三国峠最大の難所…
しかも周りは木がなくなってきたからか風がめっちゃ強くて、向かい風…まるで山が自分たちを拒んでるよう。
やま
やま
登ってくんな
いのーえ
いのーえ
登らせておくんなしぃ…
登るのはめっちゃきつく、いつの間にかにギアはミドルで一番軽いギア。
インナーローに頼らなければならないのか!?!?
しかしインナーローを使って登頂しても完全勝利とは言えなく、モンハンでいうとサブクエストだけ達成して帰るようなもの。
いのーえ
いのーえ
それだけはダメだ。インナーローを封印して登りきらなければ意味はない!!!
勾配がキツイ坂を登ると、脚だけでなく腕まで疲れ切ってしまう。それは脚を踏み込む時にハンドルを踏み込む方とは逆方向に倒すから
勾配がきつければきついほど、この技を使う必要がある。
この技を使い過ぎると腕に全く力が入らなくなる。これは去年の大晦日の風張林道の時に初めて感じたことだった。
それと同じことが、今起きている…
腕、脚ともにモゲそうになりながらも、なんとかこの激坂エリアをクリア
この画像は明神、三国峠で有名な「慈愛なき魔の18%(井上命名)」の写真です。
明神峠を登ったあと撮りに戻るという珍プレーをかましました。
激坂エリアを抜けると15%、13%、11%と勾配がゆるくなっていき…
ゴーーーーール!!!!!!
ここが明神峠のゴール地点らしい!
(この先の道が平坦だったので、三国峠まで終わったと勘違いして足つきをしてしまう。)
明神峠を登りきった後は先ほどの「慈愛なき魔の18%」を撮るべく登ってきた道を下る。
途中でサトと遭遇。
いのーえ
いのーえ
おーい!もうちょいでゴールだよ!
さと
さと
いのーえさん!なんとか足つきなしでまだ登れてます!
さすがの根性。初心者でありながら仙台までロングライドしただけあるなぁ
写真を撮ってまた登り。
三国峠と対峙するわけだが、勾配は最大でも12%で平均は8%くらいで余裕。
ここまで登ってきて脚は疲れているが、大したことない。
ただ雪が積もってた。
三国峠は2kmほどすすむと
山梨に突入!!
山梨に行くと
でかい!!富士山がでかい!!
三国峠の山梨側には展望スペースがあり、富士山と山中湖が見えてめっちゃ綺麗。
さて…
お昼としましょう!超楽しみにしていた絶景カップヌードル!!
峠を乗り越え、絶景を見ながらのカップヌードルはめっちゃうまし!間違いなく「世界で一番うまいカップラーメン」だ!

山中湖~道志道~帰宅

山中湖まで下り、「道志みち」で帰路へ
道志みち

国道413号線。相模原と山中湖を繋げている。

道志道もオリンピックのルートになっていてとても走りやすい
けど
途中土砂崩れのため全面通行止めになっています。迂回ルートがあるので走れはしますが
山中湖から進むと「山伏峠」という峠を登ることになるが、めっちゃ短いので楽。このトンネルまで来てしまえば、あとは下りメインで途中ちょいちょい登りがある感じ
道志道の下りはすごい楽しい。軽い力で出るスピードと山の景色。
空気も綺麗で身体がデトックスされていく感じ。
どうやらバイク乗りにも人気のスポットなのかツーリングしている人たちが多いですね。たぶん20人くらいとすれ違いました。
バイクと自転車、乗り物は違えど山を楽しみたいって気持ちは一緒なのだろうか。
奥相模湖に繋がってます。
ここからは町田→登戸にでて帰宅。
夜の多摩川も綺麗なものだ。
おわり
ABOUT ME
井上さん
自由が丘美容師の井上です。ブログは2017年の10月からAmeba owndで、はじめて2018年からはてなブログへ、はてなブログで100記事ほど書き,サイトのカスタマイズをしたいからということでword pressへ 休日はロードバイクに乗ってます。