ヘアスタイル

ピカラのラピスラズリ!色落ちを楽しむ2度おいしいカラー!

 

自由が丘の井上です!!

 

今回もヘアカラーの紹介!スタイルは紹介せずにヘアカラーばっか!美容師としてどうなのでしょうか…

 

というのはいいとしてピカラカラーのラピスラズリを使ったカラーをしていきます。

 

ピカラとは

 

NAKAGAWAという美容メーカーからでているカラー剤。

ピカラの特徴

 

⚪︎色素がめっちゃ濃くて,発色が綺麗。美容業界のカラー剤の中でもトップクラスに色が濃い。(個人的に1番濃いと思う)

 

⚪︎カラー剤のラインナップが少ない。その少ないカラー剤でも組み合わせ次第で全色再現できる。つまり楽しい。

 

⚪︎カラー剤は通常チューブに入っているのだが,なぜかパウチに入ってる(とても使いづらい)

 

といった感じ!重要なのは業界トップクラスの色素の濃さと発色の良さ!!

 

 

これは他のカラー剤との比較。右がピカラでなぜかパウチ入りなのだ!

 

他のピカラカラーも試してます!

 

ラピスラズリとは

 

今回使っていくカラー剤は「ラピスラズリ」。ピカラの中の「ピカラ スピード」というシリーズの1つ。

 

色味はブルーヴァイオレットのような感じ。

9トーンのブリーチ力と9トーンの色素の濃さを持つ。通常使用すると7〜8トーン設定くらいの強さ。(9トーンまで明るくした後に9トーンの色素が入るイメージなので9トーンより少し暗くなる)

 

作戦と実践

 

今回のカラーはブリーチ後にラピスラズリを単品で染めていきます。

 

ラピスラズリはブルーバイオレットなので、ブリーチ後の髪にはとても相性がいい。

 

なぜかというと、ブリーチ後は髪が黄色っぽくなります。

この黄味はブルーバイオレットで消すことができます。

 

こんな感じで黄色と紫は反対色なので相殺することができます。

 

ブリーチして髪が薄い黄色になるまで脱色します。

 

 

そのあとにラピスラズリで染めていく。

 

これで完成!!

 

色落ちを楽しむ2度おいしいカラーをつくる

 

前述したように紫と黄色は反対色なので、ラピスラズリの色が落ちてきて、髪の黄味がでてくると

弱まった紫と黄色が相殺して、白に近い色が出来上がります!!

 

 

こんな感じで色落ちが楽しめるようになっています!!

 

実際に染めてみた!

 

作戦通りに染めて…

 

 

こんな感じ!とてもいい色だ。

 

その後連絡をいただいて、どうやら1週間後くらいにいい感じに白色になったようです。

 

 

ブリーチをするカラーは髪への負担が大きく、色落ちも早くなってしまいます。

なので日常的に髪のケアを心がけるのが大事。

 

ちゃんとしたお手入れをすると髪質の収まりも良くなり、同時に色の持ちにもつながってきます。

 

個人的に使ってみてプレミオールが良かったのでオススメ。

21日間のお試しセットが2100円で購入できて、お試しという割にボリュームがあります。

 

詳しくはこちら☟

 

 

「プレミオール」21日間スターターキット


通常のケアはプレミオールを使うとして、週に2,3回ムラサキシャンプーを使うのも必須。

 

 

シュワルツコフからでている。このムラシャン「グッバイイエロー」

 

名前の通り髪の黄味を消す力が業界最強クラスだ。

 

使い方は週に2,3回頻度で。泡を立てた後に5分ほど放置。これで色持ちは完璧。

 

 

 

ABOUT ME
井上さん
自由が丘美容師の井上です。ブログは2017年の10月からAmeba owndで、はじめて2018年からはてなブログへ、はてなブログで100記事ほど書き,サイトのカスタマイズをしたいからということでword pressへ 休日はロードバイクに乗ってます。